【最新】スワイプファイルとは?作り方や保存方法、活用事例についてまとめました

一流のライターは皆持っている、スワイプファイル
今回は、そんなスワイプファイルについてまとめました。

スワイプファイルとは?

スワイプファイル(Swipe File)とは、スラングで「盗む」という意味。
誤解を恐れずに言うと、「(制作物を)パクったファイル」ということになります。
例えば、
・テレビCM
・雑誌や新聞の広告
・街頭広告
・YouTube広告
・広告のキャッチコピー
・セールスレター
など、あらゆる「制作物」を「スワイプ(パクった)」ファイルです。

ウェブマーケティングにおいては、主に
「セールスレター」
これをスワイプすることが多く、有名なスワイプファイルはマーケティング会社から販売されていたりします。

スワイプファイルの作り方

つまり、スワイプファイルとは、「パクリをまとめたもの」と言えます。
一般的な作り方は、「何かしらの方法で対象となる制作物を保存し、ファイリングすること」です。
この記事では、実物管理とデータ管理の2方面からスワイプファイルの作り方について解説していきます。

保存方法

保存方法は、主に2種類です。

[実物管理]紙を印刷してファイリングする

こちらは、インターネットが発達していなかった時代の方法で、主に新聞や雑誌の広告をスワイプするために活用されました。
シンプルに、「見つけた広告をコピーして、ファイリングするだけ」です。

昔と違い今ならコピー代も安いですし、100均のクリアファイルで作ることができます。
メリットは、「手に取れること」。デメリットは、「面倒で管理が煩雑になりやすい」ということ。

[データ管理]オンラインで管理する

インターネットが発達した今は、オンラインで管理する方法が主流です。
(一部の先輩方には怒られてしまうかもしれませんが…)

Evernote

メモアプリとして有名なエバーノート。
無料で使うことができ、アイデア次第で様々な活用ができる本アプリは、スワイプファイル作成としても超強力です。
なぜなら、「ノートブック」「タグ」といった“管理機能”に加え、強力な“検索機能”を持っているから。
例えば、過去にスワイプした「ある健康食品の広告を取り出したい」と思った場合、紙のスワイプファイルだと探すのにとても手間がかかるけど、Evernoteなら「商品名」「効果(痩せる・ダイエット・)」「スワイプした時期」「タグやノート」など、様々な切り口で「思い出す手がかり」をくれます。
事実、僕は2018年現在、1,000以上の記事LPをスワイプしていますが、どれも思い通りに取り出すことができます。
理由は簡単で、Evernoteで“あるルール”に従いファイリングしているから。
とってもシンプルで誰でも取り組めるのですが、実は知らない人が多いみたい。
後輩に教えてあげたのですが、目から鱗だったみたいで彼も早速活用して売上をあげているみたいです。

活用方法・事例

では、このようにして作ったスワイプファイル。いったいどのように活用すれば良いでしょうか?

答えは、「レターを書く前に参考にする」です。

例えばあなたが、健康食品の記事LPを書くことになったとします。
何も参考にするものがなく、本LPと商品情報のみで書き始めると、きっとうまくいくことはないはず。
なぜなら、「自らに売る力がない」からです。

語弊があるかもしれませんし、怒ってしまうかもしれませんが事実です。
あなたに、売る力はありません。

でも、売る方法があります。
それが、「スワイプファイルを参考にすること」です。

[超重要]売れたレターをスワイプする

では、健康食品の記事LPを僕が書く場合、一体どうするでしょうか?
まずはその商品について知ります。

価格はいくらか、効果効能は?誰が欲しがるだろうか?
他の商品との違いや強みは?なぜこの商品でないといけないの?
などなど。

このように商品理解を進めたのち、「仮の切り口」を決めます。

そして、スワイプファイルを眺めるんです。
ここで注意して欲しいのが、「売れた」スワイプファイルを参考にすること。

最初は難しいかもしれませんが、売れたレターをスワイプしない限り、あなたの売りたい商品を売ることはできません。
なぜなら、元が悪いから。

必ず売れたレターをスワイプしてくださいね。

アイデアや切り口

具体的な方法を以下に書きます。
僕の場合はEvernoteを開き、最新の100件分のノートを抽出し、タイトルを並べます。
まずは、「スワイプファイルからアイデアや切り口」を参考にするんです。

商品理解は済んでいるので、〇〇という訴求なら面白いんじゃないか?とか
□□という切り口は売れそうだなー!とか、こういう商材にあう入り口をスワイプファイルからピックします。

そして、いくつか抽出したファイルを改めて読み込んで行くんです。

イメージ
100個のスワイプファイル

商材とマッチする5個のスワイプファイル

1つずつ丁寧に読み込んでいく

自らの記事LPを書く

構成

次は構成です。
おそらく、このブログに辿り着いている人は既に知っているかと思いますが、
「売れる構成や流れ」には、“ある一定の法則”があります。

「あー、また同じような構成だな。」

いつか、そう思う日がくるはずです。
そこまでくれば、スワイプファイルも活用できているはず。

もちろん、イレギュラーな構成でバカ売れしているケースもあると思いますが、レアケース。
いくつか見比べてみて、良いと思う構成を参考にしましょう。

表現や言い回し

最後に「表現や言い回し」。これは、ライティングにおける「枝」の部分。
だけど、一つ一つがとっても大切なんです。

もちろん、一言一句パクってよいということではありませんが、「ニュアンスや雰囲気」は参考にしましょう。

[最重要]感謝とリスペクトを忘れない

ここまで、スワイプファイルについて解説しました。
最後に忘れないで欲しいこと。
それが、「感謝とリスペクトを忘れない」ということです。

もちろん、スワイプ元の制作物は、他の誰かが真剣に考えて作った大切なモノ。
勝手にパクられていいと思う人はいません。(もちろんあなたも…)

だからこそ、スワイプファイルを活用するのであれば、感謝とリスペクトを忘れないで欲しいんです。
感謝とリスペクトがあれば、どのラインまで参考にしていいかもわかりますし、相手を傷つけることもありません。

道徳的に考えて、やっていいこと悪いことの分別をつけ、スワイプファイルを活用し売上をあげてみてくださいね。

PS:売れる記事LPを書く方法

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です